松戸発着バスで行く!ホテルニュー塩原への旅withブライス

大江戸温泉物語のホテルニュー塩原にバス旅行をするのが大好きです。バイキング、温泉、特産品、グルメ、遊び、周辺歩きなどオススメが沢山ありますよ!!

大江戸温泉物語のホテルニュー塩原の温泉 湯仙峡はここがすごい!

ホテルニュー塩原には温泉場が4つあります。今回はその4つのひとつである湯仙峡を紹介したいと思います。

 

私たちが泊まった本館からは、本館のB1から湯仙峡への「虹の架け橋」を渡っていきます。虹の架け橋からは七弦の滝が見えますよ!!眼下には美しい箒川が流れています。虹の架け橋を渡ると右側にエレベーターがあるので、それに乗って湯仙峡のB1まで降りていきます。

 

f:id:benibon0917love:20170504191702j:plain

湯仙峡のサービスはここが充実していますよ

エレベーターを降りたすぐ先に男女別々の湯仙峡のお風呂場への入り口があります。脱衣所は広々としていていつも清潔です。ブラシやシャワーキャップなどのアメニティも置いてあります。冷たい水を飲めるウォーターサーバーや体重計もあります。畳の休憩場もありますし、貴重品を入れる無料のロッカーも設置されていますよ!!ここで注意点ですがバスタオルやタオル、歯ブラシはお部屋から持って行ってくださいね。

 

お風呂場に入ると、まずかけ湯と洗い場があります。ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、洗顔が完備されていますので、持って行くとしたら、体を洗うボディタオルくらいでしょうかね?

 

浴槽に入るまで段差が全くないように設計されているので、お年寄りにも子供にも安全です。シニアが使えるお風呂用のイスもありますし、まだちゃんと座ることができない子供用のお風呂イスも沢山用意されていました。至れり尽くせりですね。

 

温泉は塩化物・重炭酸塩泉で体の芯までぽかぽかに

温泉は熱いのが苦手な私でもどの浴槽も気持ちよく浸かっていられる温度になっています。中でも立ち湯は温泉がぬるめなので、長く浸かっていることができますね。子供だとちょっと深すぎるかもしれません。私は身長142センチですが顔だけ水面に出すことが出来ます。

 

露天風呂にはジャグジーもあります。15人は入れる広い低温サウナと水風呂があるのでサウナ好きな人にはたまりませんね。前回泊まったときにはサウナ好きな叔母はサウナに2時間以上入っていましたよ!!

 

湯仙峡の泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)

効能は、神経痛、関節痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病などです。

 

温泉を出ると、パウダールームには化粧水、乳液、ピーリングジェル、BBクリームなどアメニティが充実しています。これらは本館の売店で買うことができます。私は今回BBクリームが気に入って買ってきました。叔母は毎回、美水泉というスパウォーターゲルの3個パックを購入しています。お試しにサンプルが使い放題っていうのはいいですよね?

 

温泉の入り口横には飲料の自動販売機があります。もちろんコーヒー牛乳もありますので、小銭を持っていくといいと思います。